What's New

【たすきの想い、たすきの姿勢】

こどもたちに教育支援物資を届けるだけでなく、


メンバー自身が現地に赴き、

 

現地の方との話し合いを通じて、実際には見えない問題があるということを忘れず、

 

自分の目で見、肌で感じたことを元に湧きあがってきた、

 

「こんなことがこどもたちに必要なのでは?

 

という思いが、この団体の原動力となっています。

 

こどもたちのために何が必要で、何ができるのかを真剣考え、

 

こどもたちの声に耳を傾けながら

 

「自分たちでプロジェクトを企画し、 自分たちの手で、

 

自分たちと協力していただける方とともに、

 

こどもたちのためにプロジェクト行う。」

 

それが我々「たすき」の姿勢です。

 

 

また、基本理念4)で掲げたことですが、これは、次のような考えがあります。

 

わたしたちは、カンボジアやミャンマーに渡航する際には、

 

旅費などすべて自ら出すことがルールとなっております。

 

団体からの補助は一切しないというものです。

 

 

それは、カンボジアやミャンマーでの活動では、自分たちも得るものは非常に大きいものがあります。

 

そのために、みなさまからいただいた募金や年会費を使うことは、まったくの別問題であると考えています。

 

メンバー自身が、1回1回の海外活動で、レベルアップしていかなくては、

 

支援の内容もよりよい方向に向かわないし、

 

本当の意味で、こどもたちのためにならない。

 

その想いから、あえて基本理念に掲げさせていただきました。

 

この基本理念により、みなさまからいただいた募金、年会費は団体運営費などには使わず、

 

全額、こどもたちの支援のために使わせていただきます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。